GoogleAppEngineでjsMathを動かす

2011年7月

 jsMathWebブラウザで数式表示する仕組みの一つです。特色として以下があります。

 特に、ブラウザーに数式フォントがなくても数式表示できる点が気に入って使ってます(「数学は科学の女王に して奴隷」の読書メモ)。
ブラウザー側に数式フォントがない場合には、サーバー側に置かれた image font(約2万個のpngファイル)を用いて数式表示されます。

 ところで、GoogleAppEngine(以降GAEと略記)にはファイル数の制限があり(2010年7月現在 3千個)、jsMathをGAEで動かすためには若干の工夫が必要になります。筆者はGAE、Python未経験(java・servletは若干の経験あり)なためもあってかなり試行錯誤してしまいましたが、この文書では試行錯誤の過程は省いて、現時点でどう動いているかをまとめました。


基本機能

 zipファイルのオープン(zipfile.ZipFile)はかなり重たい処理なので

付随的機能


MathJaxサービスへ移行しました

このツールはMathJaxでも使ってましたが、MathJax V1.1からサポートされたサービスに移行したので使う必要がなくなりました。